ぱわぷろセゾン

パワプロを続ける精神は、狂気でなければならない

パワプロswitch部 オンストの裏技

※オンストはセーブデータを上書きしてゲームやり直す行為です。この記事はこのオンストのやり方を解説する内容です。ご了承ください。

 

 

 

オンストとは

めちゃ簡単に言えば、ゲーム内タイムリープマシン。

「オンラインストレージ」の略で、オンライン上のセーブデータで上書きすることで何度もやり直せる手法の総称です。

オンラインストレージはプレイステーションplusで使えるネットサービスですが、プレイステーションplusに限らず、「オンラインにあげたセーブデータで上書きする手法」の総称を「オンスト」と呼ぶことが多いです。

 

そのオンストを有効利用できるゲームの一つがパワプロ2020です。

主に選手作成で重宝するので、再現選手とかにはもってこいなのです。

 

 

オンスト使えば、このように「一発」で金特が取れます*1

 

 

前段階

まずは、セーブデータをオンライン上にあげる(バックアップする)方法です。

 

よくやる例は、「パワフェス決勝戦直前の時」、「サクセスで継承選手がコツをくれそうなターン*2」 、「栄冠ナインのドラフト会議直前」などといった、重要なポイントでセーブしたデータをバックアップすることが多いです。

もし、その後試合に負けたり、継承選手が金特よこさなかったり、エースが指名されなかった時、オンライン上にバックアップしていれば、やり直しが効くのです。

 

その重要なセーブデータをバックアップする前には、

必ずセーブしてからバックアップすること!

これし忘れたら、最初からサクセスする羽目になります。私も昔はよくやってました。気を付けましょう。

 

 

 手順

1. switchの設定を開く→データ管理を選択

f:id:ikz0Gnbp:20200711201256j:plain

ちゃんとセーブしたよね?確認は怠らないでください。

 

 

2. データのお預かり

f:id:ikz0Gnbp:20200711201353j:plain

オンラインに繋いでないと次以降の画面が出ないので注意してください。

 

 

3. セーブデータ(パワプロ2020)を選択

f:id:ikz0Gnbp:20200711201451j:plain

Nintendo Switch Online(有料オンラインサービス)に加入してないと、オンストできません。

 

詳しくは以下のリンクへどうぞ。

www.nintendo.co.jp

 

 

4. セーブデータをバックアップ

f:id:ikz0Gnbp:20200711201608j:plain

これを選択すると、サーバーへのバックアップが開始されます。

セーブデータの自動バックアップ必ずOFFにしてください!オンスト失敗の原因になりやすいです!

 

 

5. バックアップ完了f:id:ikz0Gnbp:20200711201642j:plain

これでひとまず完了です。

心置きなくパワプロ2020を再開しましょう。

 

 

実践編

「継承選手が金特よこさなかった!」、「医学の発展の犠牲になった!」というときは、すぐさまオンライン上にあるセーブデータをダウンロードしましょう。

 

1. 設定画面で「セーブデータのダウンロード」を選択。

f:id:ikz0Gnbp:20200711204057j:plain

 

 

2. 警告画面出てくるけど、上書きしましょう。

f:id:ikz0Gnbp:20200711204504j:plain

前段階のとこでドジしてなければ、問題なく上書きされることでしょう。

もしセーブデータが上書きされてなければ、ほぼ間違いなく前段階でドジしています。

そうなったら間違ったセーブデータをバックアップしていることでしょう。

辛いですが、もう一度サクセスをやり直しましょう。

 

 

3. ダウンロード中

f:id:ikz0Gnbp:20200711204957j:plain

すぐ終わります。

 

 

4. ダウンロード完了

f:id:ikz0Gnbp:20200711205327j:plain

これでダウンロード完了です!

パワプロ2020をやり直しましょう!

ドジしてなければ、セーブデータが元に戻っているはずです。

 

素晴らしいオンストライフを!

 

 

 

最後に

オンストはゲーム内のタイムリープマシンです。

それを使用するか否かは、あなた次第です。自己責任でオンストするかを決めましょう。

 

オンストを手にしたら、大切な心を失います。

その覚悟がある方のみ手を出しましょう。

 

*1:何回もやり直す必要アリ

*2:特にこれ